07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

春風亭一之輔真打昇進披露公演@北野文芸座 

9月8日(土)、北野文芸座にて春風亭一之輔さん、いえ、一之輔師匠の
真打昇進披露公演が行われました。
9_15_flier
(顔の真ん中にばっちり折り目が入っちゃいました。一之輔師匠、ゴメンナサイm(_ _)m)

1週間ほど前になって行かれることになりましたが…チケット取れるかな?
プレイガイドを何箇所か回ってみたら、さすがに真ん中の席は無理でしたが
端とはいえ前から4番目をゲット。

今回は一之輔師匠の他に春風亭一朝師匠、柳家喬太郎師匠、柳家小せん師匠による
披露口上もあるということで楽しみにしていました。

演目はこの通り↓
enmoku

小せん師匠6月の高座の後、約3か月ぶりです。
マクラに続いて話の最初を聴いた時、一瞬『長屋の花見』?なんて思いましたが、『黄金の大黒』。
披露興行なので、おめでたい噺を選んだのでしょうか。
小せん師匠の声、とてもよく通る良い声なので聴きやすいんですよ。
今回はマイクを通してでしたが、前回、マイクなしの時も後ろまでハッキリ聞こえました。

続いて春風亭一朝師匠。一之輔師匠は一朝師匠の二番弟子だそうです。
高座でいつも言っているという
「名前が一朝でございますから、今日はイッチョウ懸命頑張ります」を
初めて生で聴きました。
この日一朝師匠の「目黒の秋刀魚」聴いて以来、ずっと秋刀魚が食べたくてしょうがないです(笑)

この後中入りで、いよいよ真打昇進披露口上。
司会は小せん師匠、続いて喬太郎師匠、一朝師匠と続きます。
東京で50日間行われた披露興行の間は、口上の顔ぶれも変わったそうです。
今回の口上を聴いて、他の師匠方の口上も聴いてみたくなりました。

口上の後は喬太郎師匠。
ウルトラマンおたくだそうです。私も好きですよ、ウルトラマン。
マクラで「初代ウルトラマンと帰ってきたウルトラマンのスペシウム光線のポーズの違い」を、
高座で、なんと座布団の上に立ちあがって披露してくれました。
しかも正面と横向きの2タイプ。
「そうそう!」って思って聴いていたのは私だけではないはず(笑)
話に入った時「崇徳院」?と思っていたら途中から違う方に話が進み、
「あ、違うんだ…」と思っていた矢先の登場人物のせりふ「崇徳院じゃないんだな」
客席から笑いが起こりました。みんな同じこと考えてたのかもね。

そしてトリはもちろん一之輔師匠。
話始めた途端、なにか言うたびにみんな笑ってました。
時々、マクラに師匠のお子さんが登場します。
いつも家族仲良く、良いお父さんなんだろうな~って思います。
この日の演目「粗忽の釘」は披露興行の初日の噺だそうです。
…と、本に書いてありました(笑)

サイン入りの本もget↓
book


ここ1ヶ月の間、落語会が3回。
6月に初ナマ落語を聴いた私としては、この1ヶ月は充実したスケジュールでした(^^)v
この先しばらく機会がなさそうなので残念なんですけどね。

次は都内の寄席巡りだ~!!…なんてね(笑)

スポンサーサイト

Posted on 2012/09/15 Sat. 23:55 [edit]

category: 落語

TB: --    CM: 0

15

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form