09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

雷滝~山田牧場 

前回の記事に書いた通り、我が家のコンデジは年代物なので、写真撮影はもっぱらiPhoneです。
特に拘って撮影するわけでもないので、ブログの記事もあまり写真を詰め込むことはしないのですが、
今回は景色がきれいだったので写真多めです。
ちょっと読みにくいかもしれませんがお付き合いくださいませm(_ _)m

ピーカンの日曜日、滝を見に行きました。
今回は友達の車で移動したので、ホークはお留守番です。
行先は高山村にある「雷滝」。
駐車場から川の方へと細い道をどんどん下っていくと滝が見えてきます。
14_5_25_1
人の大きさと比べると滝の大きさがなんとなく想像できるでしょうか。
「雷滝」と言われるだけあって、音も物凄いです。
14_5_25_2
道を下っていくと、滝の裏側に出ます。
滝を裏側から見ることができるので「裏見の滝」とも言われているそうです。
細かい水しぶきで足元は水がたまってるし、裏側を歩いていると濡れます。あたりまえだけど。
滝の真裏にあたる場所には、通路を挟んで反対側にお不動様が祀られています。
なぜかマッコリがお供えしてありました。

滝を真裏から見るとこんな感じ。
14_5_25_12

道を降りて来ると正面が岩壁なのですが、裏側を抜けると空や木々も滝と一緒にフレームイン。
ほぼ真横から撮ったものです。
14_5_25_13

ちょっと離れて上の方も撮りました。
14_5_25_3
真っ青な空に緑の木々なんて最高の組み合わせ。あぁ、デジイチならもっとキレイなんだろうなぁ…(涙)

14_5_25_4
ちょっと離れて取るとこんな感じ。水の勢いもなんとなくわかると思います。

14_5_25_5
そして滝壺。
通路をまっすぐ行くと滝がほぼ真正面から見えるような位置まで行かれます。
滝壺を覗き込むと、ぼんやり靄がかかっているように見えるくらい水しぶきが飛んでいました。
行き止まりな上に他にも人がいたのであまり立ち止まっていられず、すぐに移動しましたが、
滝の全景を撮ってくれば良かったと今更後悔。近いうちにリベンジしよう、絶対。

駐車場隣の売店で、近場のレストランを聞いたところ「山田牧場に行ってみたら?」と言われて移動。
車で10分くらいでしょうか。
スキーシーズンににぎわうところなので、食事ができるところは1か所だけ、それも限定メニューでしたが、
そんなことはどうでもよくなるくらいの景色の良さ!
14_5_25_6
真ん中の茶色い塊は牛さんたちです。

スキーシーズンなら開いているだろうレストランや食堂、カフェなども閉店しているところがほとんど。
そのうちの1軒の前にゴールデンレトリバー発見。
14_5_25_7
スキーのお客さんたちにもかわいがられてるのかな。
黙ってなでなでされてました。寝転がったままシッポをパタパタ降ってるのがツボでした~^^

ランチのあとはその辺をブラブラお散歩。
お天気が良いけど、雲も少しあって不思議な模様ができてました。

空がキレイ~!\(^0^)/
14_5_25_8

14_5_25_9

14_5_25_10

14_5_25_11

帰ってきて写真を見直したら、おんなじような写真がいっぱい^^;
山よりも空と雲がいっぱい写ってました。
車で30分くらいだから、雷滝~山田牧場はお気に入りのお出かけスポットになりそうです。

<補足>
雷滝の裏側に続く歩道は、山の斜面に造った細い道を歩いて行くので
人が多い場合、大型犬を連れて歩くのは大変かもしれません。
滝の近くなので、真裏~正面に回る歩道は水でビチョビチョです。
もし犬連れの場合、脚は泥だらけ。脚拭きは必須です。
人も歩きやすくて滑らないウォーキングシューズがベストだと思います。
また「雷滝」と呼ばれるだけあって、結構すごい音がします。
音響シャイなワンズは怖がらせてしまうかも。

スポンサーサイト

Posted on 2014/05/25 Sun. 10:00 [edit]

category: おでかけ

TB: --    CM: 0

25

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。